TEL:090-5540-3979受付:9:00~24:00 休業日:年中無休

彼の留守中に可愛い彼女を寝取られる

プレイ開始です!
彼女はリビングに一人でいます。
そこに彼の友人が来ました。

友人
「あれ?○○さんいないの?」
彼女
「今日は出掛けてるの」
友人
「まだ帰ってこない?」
彼女
「うん、遅くなるかも」
友人
「あっ、そー」


(画像はイメージです)

二人はリビングのソファーへ移動して話し出す。
段々と彼女の近くへ…

手や爪の話題を出して、何気なく彼女の指を触る。
そして手を握り、彼女を抱きしめる!

彼女
「どうしたの?」
「やめて…」
友人
「…」
「○○ちゃん」
「実は…」
「前から好きだったよ!」
彼女
「でもダメよ」
友人
「ちょっとだけだよ」
といい、体をさらに押し付けて。

可愛い彼女の柔らかい唇を奪ってしまう!
そして手は顔から段々と胸へ…


(画像はイメージです)

彼女
「ねぇ、やめて…お願い…」
そう言ってるうちに、
彼女の豊かなおっぱいは、さらけ出されてしまった。
男は、綺麗な乳首にむしゃぶりつき。
そして遂には、その素敵な体は全裸になってしまった!

彼女
「ほんとにダメよ!やめて!」
といいつつも段々、力が抜けてしまった。

乳首をたっぷり舐め回した舌は、そのまま徐々に下半身へ。

友人
「ほら、こんなに濡れてるよ」
彼女
「いゃ…」

ズルズルとすする音が響き渡り、濡れたアソコは舌でさらにヌルヌルになっていく…

遂には、彼女の悶え声が出てしまった~

彼女
「あ…あーん…」
友人
「感じる?」
彼女
「う、うん…」

段々と彼女の声が大きくなり…
ピクッ!とイッてしまった。

男はブリーフ1枚になり、彼女の手を膨らんでるあの部分へ持っていき、
友人
「ほら触ってごらん」
「こんなに硬くなっているよ」

そして、ブリーフを脱ぎ、イチモツを握らせ、彼女の口へ…
友人
「舐めて」
彼女
「…」


(画像はイメージです)

彼女は黙って、その可愛らしい唇を開き、肉棒を咥えた。
シュポシュポと…美味しそうに味わっている。

そして…

いつのまにか、彼の友人から2番目の彼になってしまい、
二人は全裸でお互いを求め合い、愛し合ってしまった!

彼女
「あっ、だ、だめ…」
「あ、あ、あー」

「い、い、いっちゃう~」


(画像はイメージです)

彼女は体をのけ反りながら果ててしまった!

二人は黙ってしばらく抱き合い。

事後、友人は早々に部屋から去って行った。

「記事一覧」へ戻る

↑ PAGE TOP