TEL:090-5540-3979受付:9:00~24:00 休業日:年中無休

ホスト3P☆体験レポート

3☆もソフトエスエムも初めて経験したいというお客様から、ご予約いただいた。
向かった先は、神奈川県にある近代的なホテル。

最近はよく代表と僕のコンビで接客させていただいており、

お互いの特長もわかっているので、もう慣れたものだ。

まずは、ご挨拶と、軽くディスカッションを交わした後、

恥ずかしいので。というお客様から先に、個別にシャワーを浴びる。

灯りをぐっと落とし、優しい感じの音楽でお客様の緊張をほぐす。

恥ずかしくないようにと、目を目隠しで覆う。

もってこいの赤い椅子に下着姿で、座らせる。

今回のお客様は、小柄でとってもチャーミング。

以前にも、他で出張ホストは経験されているお客様。
あまり、満足できなかったようだ。
彼女にとって、セレナーデは、敷居が高いランクだったが
今回は、思い切って頼んでみることにした。
両手を後ろにまわすと、さっと縛ってしまう。
「えっ!これが”ソフト”なんですか?」
「そうですよ。身体の自由も奪いますからね。」
「さあ、これで手も足もでないでしょ?」
「何されても、抵抗できませんよ。」
何か言をうとする彼女の口を口で封じる。
「うぐっ・・・」
いやらしくねっとりと絡む舌と舌。
そして、ホスト2人、4本の手が、彼女の身体じゅうを這い回る。
「ああっつ!ああああああ・・・・ーー」
無理やり、下着を剥ぎ取られ、現わになる乳房。
「ああっ!いやっ恥ずかしい・・・」
数個のおもちゃに火を入れ、その音を耳元で鳴り響かせる。
「さあ、これで あなたのからだ、いたぶってあげますからね。」
今度は4っつのバイブが、彼女のからだを襲う!

バイブが彼女のからだじゅうを這い回る!

手を後ろに縛られ、自由も効かず、

目隠しされているので、どこからどんな刺激がくるのか

まったく分からない!

そんな中、バイブをポイントに当てる度に、彼女のからだは、うごめく。

「あっ」「あああっ!!!!」

背中、首筋、わき、わきばら、太もも、胸、乳、股

必用に攻めまくられるお客様!

「あっ」「あああっつ!」「あっっそっ!」「ああっつ!!」

下半身では、なにやら代表が、既に指テクを炸裂しはじめ、

彼女の足に力が入る!

だんだんと体勢がきつくなってきたようなので、

縛りを開放。 ベットまで「お姫様だっこ。」

「はぁ はぁ はぁ はぁ・・・」

ほっと一息付くお客様に、代表が優しく語りかけ、

優しいキスを交わす。

お客様のカラダをいたわるように、上半身をほぐす。

その優しいほぐしに、お客様もメロメロ。

すっかり緊張もとけ、快楽に身をゆだねる。

落ち着いてきた矢先、

なぜか、息使いがだんだん荒々しくなってゆく・・

「はぁ はぁ はぁ ああっ!・・あっ! ああっ!」

なんと!

いつの間にか、お客様の股に潜り込んだ僕が、

お客様のアソコで激しいキスを!

「あああっつ!!そこ!あっ!いーーッ!!」

惜しみなくクンテクを炸裂!

吭から、蜜が溢れっ

伝説の中指が☆スポットを捉える!

「ああっ!そこ!!ダメーーー!!」

ク☆ニと指使いの猛攻に

「あっ!いっ・・いっちゃう!いっちゃう!いっちゃう!いっちゃう!いっちゃう!」

「イクッ!!・イクッ・イクッ・クッ・クッ・クッ・・・・・」

最高に幸せそうな表情を見せるお客様♪

「記事一覧」へ戻る

↑ PAGE TOP