TEL:090-5540-3979受付:9:00~24:00 休業日:年中無休

白衣のマッサージ師に犯される

カップル様からのご予約です。
場所はお台場。

一等地にそびえ立つ高級マンションにお伺いしました。 やはり、想像通りに素晴らしい眺めです。


(画像はイメージです)

レインボーブリッジ、東京タワーを一望出来ます!
ホテルでも、あの眺めはなかなか見れないですね。
お部屋はというと、まさにスイートルーム!

さて、ご依頼を頂いた方は、素敵な彼氏と綺麗な彼女のカップル様でした。

ご要望は、二つあって。
本記事には、その一つ目の内容を記載します。

「彼女は白衣の先生に弱いので、是非、先生プレイをお願いします。」 という内容で、オプションで撮影を希望されました。

私は白衣は持ってないので、早速アマゾンで注文しました(笑) そして持参したのです。お二人はとても喜んで頂けました。

プレイ前に色々とお話をして、どんな想定にするか?相談しました。 寝室がプレイする場所です。固定カメラが2台、後は手持ちカメラで、彼がカメラマン兼、監督です。

彼女が寝ていて、白衣を着たマッサージ師がお部屋に入るところからスタートになります。

マッサージ師
「何処が凝っていますか?」
彼女
「肩です」

さあ、マッサージが始まります。
うつ伏せの状態で。
首筋、肩を丁寧に揉みほぐします。
段々マッサージは下に移動。
お尻までいくと、ももの付け根から、敏感な部分をかすめて触っていきます。

突然、彼女は…
「先生、そんな部分までマッサージするのですか?」と。
マッサージ師
「その辺をほぐさないと肩の凝りが治らないんです。」
彼女
「は、はい」

段々、敏感部分に近づく…
彼女
「先生、でも、おかしくないですか?」
と言いつつも、
「あっ、あ…」と息が段々荒くなっていきました。

密が滴り、パンティが濡れてしまい…
彼女は抵抗するのですが…
脱がされてしまいました!


(画像はイメージです)

清楚でとても可愛い彼女なのに、
気が付くと、淫らにお尻を付き出しています!

マッサージ師
「はいでは仰向けになって下さい。」
彼女
「えっ!恥ずかしい!」

仰向けにされ、股を開かされました。

彼女
「先生!恥ずかしい!」
「先生!やめて下さい!やめて…」
彼女は、股を閉じようとするが、逆にどんどん開かされて…


(画像はイメージです)

遂にアソコは大量に濡れて、「ピチャピチャ」と音が部屋中に響いています。

もう感じ方を押さえられない彼女は、ついにマッサージ師のものを口に咥えて…

もはや、お客様とマッサージ師ではない関係に発展してしまいました!

部屋に響き渡る色っぽい声!
そして絶頂!!

「イッ、イク、イク~!」

マッサージ師
「たい、以上でマッサージを終了しますね。きっと肩の凝りもよくなるはずです。」
と部屋を立ち去りました。

彼(監督)
「はい、カット!」
「休憩挟みます。」

続く…

「記事一覧」へ戻る

↑ PAGE TOP